ネパール里帰りレポート


もうすでにかなり昔のような記憶になっておりますが

今回は娘を家族をはじめとする皆さんに会わせるため2週間のネパール里帰りをしました。

 

安定の美味しさネパールの家庭料理「ダルバートタルカリ」は

野菜や肉が日によって内容がかわり全く飽きのこない美味しさでした。

(私にはスパイスと油が体に馴染むのにちょっと時間かかりましたが。)

 

家の屋上から見えるカトマンズの住宅達。

この期間はお祭り中で人々が田舎に帰っていて、空気が澄んでおりました。

 

 

家は仏教で家の中に神様を祀るスペースがあり、

ひいおじいちゃんは毎日決まった時刻にお祈りしています。

 

お祭り中だけ遊べるブランコ。

地に足をつけない時間を少しでもということらしいです。

竹で作られているのですが色々な場所でできていて列をなして遊んでいました。

 

お家で作った大きな自家製ドーナツ。

お祭りにはかかせないアイテムです。

この日は70個近く揚げ続けておりました。スパイスをつけて食べます。

 

娘に会いに田舎から地鶏をかかえて親族らが会いに来てくれました。

地鶏もその場で絞めてありがたく皆でいただきました。

肉に弾力があって美味しかったです。

(まだ元気な状態の地鶏、朝は彼の声で目覚めました。)

 

今回は娘とネパールの家族とのふれ合いをさせることがメインでしたので、

ほとんど家におりましたが、

最後の方は買い付けも含めて街に繰り出しました。

やはり市場は人がたっくさんいて色とりどりで眺めているだけでも楽しかったです。

 

帰りは離陸してネパールの街並みを機内から眺めておりましたが、

なんだかこみ上げてくるものがありまして、

第2の故郷ネパール、家族が改めて好きなんだなと実感しました。

 

しばらくして機内からネパールの山々が雲の上から覗いておりまして、

恐らく真ん中のちょっと高い山がエベレストではないかと思うのですが、

心が澄んだ気持ちになりまた娘連れて行きたいなと思いました。

娘も日替わりに色々な人が会いに来て最初は戸惑っておりましたが、

皆が可愛がってくれたので最後はご機嫌で踊っておりました。

 

楽しい思い出と共に元気に帰ってこれて良かったです。

 

ネパールは寒いかと思いましたがカトマンズは東京より若干暖かかったです。

それだけに長野に帰ってきてから目が覚めるほどの寒さで

現実に引き戻されてしまった感があります(笑)

 

さて日本に帰ってから今はたまってしまったオーダーの腕時計,をこなしていきます。

 

 

良かったらクリック応援お願いします♪
励みになります。
↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です